ログイン
HOME  » 能勢と牛の歴史

能勢と牛の歴史

​能勢町の伝統食材「三白三黒」の一つが、黒毛和牛です。

現在も、「三白三黒」である能勢の伝統食材は、能勢の特産品としての地位を維持しています。

肥沃な大地、清らかな水、そして太陽の恵みを受けた、能勢の豊穣な大地が作りだした特産品をご賞味ください。

三白とは?

能勢米

能勢米

能勢の中山間部は昼夜の気温差が大きいため良質の米が生産でき、「大阪の米どころ」の役割を果たしてきました。
大いなる大地の恵みを受けて育った能勢米は、生産者が愛情と自信を込めて作り上げた一品です。

寒天

能勢の寒天

山間部で盛んに生産されてきた、自然乾燥の「手造り寒天」として有名なところとして、能勢は今でも有名です。

http://futchan.exblog.jp/9705761/
http://www.asahi-net.or.jp/~lu1a-hdk/yamaguti-hubutusi-kanten.htm

高野豆腐

高野豆腐

三黒とは?

能勢黒牛


三黒の「牛」は、時代の波に押され、生産が少なくなってきています。
この「三黒」の牛の流れを汲む中植牧場オリジナルの美味しい「能勢黒若牛」をぜひご賞味ください

能栗

能勢栗

最高級の栗としてもてはやされている栗の品種「銀寄」は能勢町が原産です。
ほくほくとした甘味、大粒の実が特徴です。


池田炭の名で知られる能勢の炭は、菊の花を思わせる断面の美しさ、燃え尽きた後に白い灰が残る風情、火付き・火持ちがよく現在でも茶席には欠かせない炭として珍重されています。


http://www.town-of-nose.jp/tourism/product/index.html